派遣ワークブック.COM

派遣という雇用形態を上手く活用する方法を皆様と考えて行きます。

主婦の派遣の難しさ

主婦の派遣の難しさ
私は派遣社員が一番長い雇用形態です。
独身時代は勤務時間や勤務地、給与など自分の希望で選ぶことが容易なほど紹介される案件が多くありました。
しかし、結婚して扶養控除の範囲内で働こうとすると案件数はガクッと減ります。
さらに、夫婦二人暮らしですが家事全般を私一人でこなす生活スタイルは崩せないため、フルタイムだと短期間のもので、長期案件だと時短や週3日程度のものに必然的に絞られてしまいます。
この条件がネックになり、応募できる案件が少なくなり他の希望条件も入れるとほぼ応募できるものがないような状態です。
アルバイトやパートなどの派遣でない雇用形態なら豊富に仕事はあるのですが、時給が数百円単位で下がりますし、事務職の仕事はあまりありません。
今までのスキルや頑張って取得した資格を活かしつつ、ライフスタイルに合わせて働くには派遣で就業することが希望なのですが、派遣会社が扱っている案件は長期のフルタイムで紹介予定派遣になるようなものが多いのが現状なのだと実感しています。
主婦専門の派遣会社もありますが、短時間で高自給な案件が多いために、とても高いスキルを要求されるのではないかと思い応募をためらってしまいます。
生活とバランスの取れる主婦の仕事は、まだまだ派遣社員というスタイルでは認識が広まっていないように感じます。

オペレーターとして派遣に登録したのに

パソコンに関連した仕事をしたいのですが、年齢のことで速攻で断られた私が、派遣なら年齢制限がないので登録することにしました。もちろん、登録した時には、担当の人にも仕事のことを聞いたら年齢のことは関係なく派遣として働けることで喜んで登録をしました。
しかい、なかなか条件にあった職種がこないんですよね。
メールには、一応はパソコンを扱う仕事を紹介されていますが、事務職ばかりが多くて期待外れでした。
しかも、介護関係の資格や経験があったのでつなぎとして介護の関係の方を登録したら、急な電話連絡で、介護職として派遣させられてしまいました。
個人的には介護関係の資格があっても、正直に言って落胆してしまったのが事実です。
希望の派遣先を見つけるためには複数の派遣会社に登録をすることが大事だと感じました。
身体を壊して更新の時期に派遣先を辞めて自宅休養をしました。
療養中に、また介護職の方での紹介がひと月しないうちに紹介されました。
パソコンを扱うオペレーターの方の仕事は全くと言って紹介されてない状態で次の仕事として紹介されたのは介護関係が多くてイヤになってしまいました。
オペレーター職は本当に人気があるので紹介できない状況は分かりますが、しかしパソコンを扱う仕事があまりないのは本当に納得いかない思いにいます。